アドセンス申請と確実に審査に通るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

グーグルアドセンス 広告収入

 

サイトがある程度出来上がったら、グーグルアドセンス申請をして広告収入を始めましょう。

アドセンスを利用すると広告コードをサイトに貼り付けるだけ収入が見込めます。
(広告を1クリックごとに○円の収入という形です)

サイトを収益化するにあたって、アドセンスはとても重要なサービスといえます。

スポンサードリンク

アドセンスは審査が厳しい?

アドセンスはとても便利なサービスですが、審査が厳しいことでも有名です。

実際に私も、サイト運営をやり始めた頃に申請しましたが、2回ほど不承認になりました。
(苦い思い出ですが当時は知識が圧倒的に足りていませんでした)

しかし、一度アドセンスの審査が通ってしまえば副サイトのアドセンス審査は免除されます。

とにかく最初が肝心なので、次に説明するアドセンスの審査が通りやすいサイトやってはいけない禁止事項を参考にして、合格を目指してください。

※初心者の方練習も踏まえて、アドセンス申請用のサイト安いドメインで作成するのも手段の一つです。

トップに戻る

審査が通りやすいサイトの特徴と禁止事項

グーグルアドセンス 広告収入

アドセンス審査は1次審査2次審査があり、コンピューターと手作業でサイトを確認されています。

なので審査に通った人(私も含めて)と何度やっても通らない人情報を元にアドセンスに受かりやすいサイト落ちやすいサイト解説します。

※審査に落ちてしまうと最低でも2週間〜長い時は1ヶ月以上の期間を空けないと、再審査をしても自動的にコンピュータ審査で落ちてしまうことになるので、最初の申請は大切にしましょう。

トップに戻る

 

審査に通りやすいサイト

必ず独自ドメインを利用する

以前までは無料ドメインのサイトでもアドセンス申請が可能でした。
しかし規約が変更され、現在は独自ドメインのサイトでしか申請することができなくなりました。
大前提としてアドセンスに申請するサイト必ず独自ドメインにしましょう。

1ヶ月間更新する

できればサイトを開設してから最初の1ヶ月間毎日更新し続けてください。
早く収益化をしたい気持ちはわかりますが、途中で申請することもNGです。
なぜかというと、できたばかりのサイトはコンピューターが自動的に落としてしまうことが多いからです。
サイトと認識してもらう為にも、1ヶ月間は更新を続けるようにしてください。

1記事1,000文字以上30記事を心がける

文字が極端に少ないと落とされやすいので、最低でも1記事1,000文字以上にしてください。
また、記事数が少ないとサイトとして認識されにくいので、できれば20記事〜30記事作成しましょう。

※人によっては10記事でも審査に通ったという事例もありますが、珍しいことなので確実に審査に通る為には30記事前後が望ましいです。
(実際に私は15記事でも不合格再審査に1ヶ月以上かかりました)

申請中も更新を続ける

申請をしても審査には時間がかかります
審査は2〜3日以内と記載されますが、実際には1週間〜2週間(長い方は1ヶ月以上)かかります。
その期間に更新をやめてしまうと、このサイトは更新頻度が低くて機能していない認識されてしまう恐れがあります。
更新頻度は少し落としてもいいので審査中でも更新を続けましょう。

役に立つ情報を伝えている

インターネットをする人情報を求めています。
第三者が見ても役に立つ情報を伝えることを心がけてください。

トップに戻る

 

審査に通りにくいサイトと禁止事項

無料ドメインでサイトを作る

現在は無料のドメインではアドセンスに申請することができなくなりました。
申請するサイト必ず独自ドメイン取得して作成してください。

再審査の申請を何度も送る

アドセンス申請をしても審査には1週間〜1ヶ月かかります。
なかなか審査結果が来ないからといって、再審査の申請を送る落とされやすい傾向にあります。
苦しいですが確実に審査してもらう為にも気長に待ちましょう。

内容が充実していない

「今日は昼過ぎにランチに行った。美味しかった。」
このような日記みたいな感じでは、有名人でない限り絶対に審査に通りません
サイトに来る人は特定の情報を求めてくるので、来た人が解決するような内容にしましょう。

あまり更新頻度が高くない

週に一度気が向いた時に更新などのペースでは、サイトとして認識されず落とされやすいです。
審査に通ってから更新頻度を下げても構いませんが、通るまでは更新を続けましょう。

画像を使用する

サイト内に画像が多い落とされやすい傾向にあります。
著作権に関わる画像はもちろんですが、無料で利用可能な画像でも落とされてしまうことがあります。
審査に通るまでは画像は使用しない方がいいでしょう。

アフィリエイトリンクを貼る

アドセンスの審査に合格するより先にASPサイトと提携する方が多いと思います。
少しでも早く収益化を始めたいので、アフィリエイトリンクをどんどん貼っていきたくなりますが、これも落とされやすい傾向です。
審査に通るまではリンクを貼らず提携だけにしておきましょう。

アドセンスで指定された禁止コンテンツに該当する

アドセンスには禁止されているコンテンツがあり、これに該当してしまうと審査には通りません。
特にタバコアルコールに関連したものなどは、気付かずにやってしまいがちなので注意してください。

アドセンス禁止コンテンツ

トップに戻る

スポンサードリンク

アドセンスは2種類ある

実はグーグルアドセンスには種類が2つあります。

1つ目は、サイトに広告を貼る通常のアドセンス
2つ目は、ユーチューブで広告を表示するユーチューブ専用のアドセンスです。

アドセンスは審査が厳しいことで有名ですが、ユーチューブ専用のアドセンスかなり審査が通りやすいです。
しかし、ここで気をつけて欲しい注意点があります。

【注意点】
通常のアドセンス審査に合格 ユーチューブのアドセンスを始めるのは簡単
ユーチューブのアドセンスに合格 通常のアドセンス審査は通りづらいと言われています。

とにかくアドセンス審査を待つ間でもユーチューブで収入を得たいという方以外は、通常のアドセンス審査に合格してからユーチューブでの収益化を図ってください。

トップに戻る

2つのアドセンスの申請方法

通常のアドセンス申請方法と、ユーチューブアドセンスの申請方法を簡単に説明します。

通常のアドセンス申請方法

グーグルアドセンス 申請方法

Google AdSense公式サイトにて、Googleアカウントを持っている方は「ログイン」してから「お申し込みはこちら」をクリック。
Googleのアカウントを持ってない方作成してください)

その後は案内に従って進めていく簡単に申請することができます。

 

ユーチューブアドセンス申請方法

ユーチューブ 広告 収益化

YouTubeにて、右上の自分のアイコンをクリック。
歯車マークの「設定」をクリック。
すると上記のページが表示されるので、「その他の機能を見る」をクリック。

ステータスと機能」のページが表示されるので、その中の「収益受け取り」を有効にします。

後は案内に従って進めていくと、許可または申請をすることができます。

トップに戻る

誰でも簡単に稼げる

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る